LGBTQファミリーピクニック2019

51日にファミリーピクニックを開催しました。

天候が心配されましたが、当日は雨に降られることもなく、無事屋外で開催することができました。 

 

お子さまを含め50名以上の方々にご参加頂き、

性別やセクシュアリティを問わず、子どもを持ちたい方、子育て中の方、多様な家族について考えたい方、

様々な方が想いを語り合っていました。

 

特に印象的だったのが、

LGBTQでないお母さんが、現状の子育てや家族のありかたについて疑問を抱き、お子さんと参加して下さっていたことです。

そのお母さんにとってピクニックは、「LGBTQに限らない親同士の交流の場」でしたが、

私自身の中にはいつの間にか、「LGBTQの家族に限定する場」という固定概念があったことに気づかされました。

また、子ども達が皆で思いっきり走り回る姿を見ていると、

親のセクシュアリティは関係無く、このような交流の場は子ども達にとっても大変貴重な時間なのではないかなと思います。

 

 

”次世代を担う子どもたちが、多様な家族を当たり前に感じ生きていく”

 

 

これこそが、LGBTQを含む誰もが、子どもを持つ未来を当たり前に選択することへの大きな大きな一歩ではないかと感じました。

そのためにも、全国の皆様がつながりを作るきっかけとなるよう、こどまっぷも引き続き全力で活動してまいります。